風俗エステの料金の違いや内容

風俗業とは何か

風俗業、とインターネットで用語検索をかけてみると、概ね性的なサービスを提供している店舗が上位に表示されます。
しかし「風俗業」という言葉が含む範囲は、そういった「性風俗サービス」だけに留まらないのです。
「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」、略して風適法という法律が、それらの種類と範囲を定めています。
具体的には、キャバレーやホストクラブ、キャバクラ、バー、カップル喫茶などの「接待飲食等営業」と「その他」に分かれています。
性的サービスを施す店舗は別で分類されますが、それについては後述します。
このように広い範囲を含む風俗業ですが、共通して言えるのは「接待や射幸心を刺激することで営業する業種であり、未成年には好ましくない」という点です。
ゲームセンターは、そのために未成年の入店時間を規制しているのです

性風俗営業について考える

さて、ここで扱うのが「性的サービスを施す風俗業」となります。
これは法律的には「性風俗特殊営業」と呼びます。
まず前提として、従業員に賃金を払う対価として性交させる形の売春は法律で禁止されています。
しかし「ソープランド」は本番行為ができることが知られています。
これは店舗としては「お風呂」を提供するだけで、女性は個人事業主として「個人的にお金を客と遣り取りして性交している」という形をとっているので、法律としてセーフという状態にしているのです。
ソープ以外の性風俗業は元々本番行為をしない事が前提ですし、禁止事項です。
種類としてはヘルス、ストリップ劇場、アダルトグッズショップ、アダルトサイト運営、出会い喫茶などが該当します。
今回の主題である「風俗エステ」も、ヘルスなどと近しい存在と言えます。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ